Britneyjon2

カテゴリ:未分類( 4 )

おはようございます 手ぇうめぇ

a0238825_913789.jpg

[PR]
by briten | 2013-02-01 09:13

今年初めての顔見世

すみません、元気です。
a0238825_19582512.jpg

[PR]
by briten | 2013-01-24 19:59

ブリ&トニー

はっ!めっかった。
b0049152_7582963.jpg

b0049152_7584262.jpg

ブリトニーはiPhoneの充電端子とか電池パックのビニールとか、ころころの糊の部分とか、なぜか化学的な匂いを嗅いでうっとりして、ぺろぺろ舐め出す。なにがいいんだろう。

はい~~~、右手のあたしはブリ、左手のおいらはトニー、あごひげ生やしてます。
「2人あわせてブリトニーでぇす!」
b0049152_8244.jpg

[PR]
by briten | 2011-11-18 08:06

光る猫!

米国の研究チームがこのほど、遺伝子操作により、猫のエイズを引き起こす猫免疫不全ウイルス(FIV)に耐性のある細胞を持った「緑色に光る」猫を生み出した。猫エイズの感染防止のほか、人間の後天性免疫不全症候群(エイズ)研究にも役立てたいとしている。

 科学誌「ネイチャー・メソッズ」に11日掲載された今回の研究では、FIVを抑える働きを持つサルの遺伝子を猫の卵母細胞に注入し、その後受精させた。加えて、遺伝子操作を行った部分を容易に判別できるよう、クラゲの遺伝子も組み入れた。これにより遺伝子操作された細胞は緑色を発色する。

 その結果、遺伝子操作された卵母細胞から生まれた猫の細胞を採取したところ、FIVへの耐性を示したという。また、これらの「耐性」を持つたんぱく質は、猫の体内で自力で作られていた。

 また、遺伝子操作した猫同士を交配させたところ、生まれた8匹の子猫にも操作された遺伝子が引き継がれていた。
a0238825_1895128.jpg
a0238825_1895668.jpg
a0238825_1810544.jpg

猫エイズの感染防止は喜ばしいが、なんか怖いなぁ。
[PR]
by briten | 2011-09-16 18:11